Top >  不動産投資 >  海外の不動産に投資をする方法

海外の不動産に投資をする方法

海外の不動産に投資をする方法をご存じでしょうか。
最も手軽な海外の不動産に投資をする方法は、世界の不動産に投資している不動産投資信託を購入することです。
自分で直に不動産を購入するよりもずっと手軽で、また、少額の資金から購入することができるところが大きな魅力です。

海外の不動産に投資をする際には、その投資対象の国特有のリスクについて勉強しておく必要があります。
地震が多い国や、治安の悪い国、金利の変動が激しい国もあれば、政情が不安定な国もあります。
できればそうした国への投資は避けたいところですが、投資をする際にはきちんと調べておいた方が、万が一の時の備えができます。

海外不動産投資の魅力は、日本にはない成長性です。
人口が増えているエリアでは、住宅のニーズはウナギ昇りで、建設が間に合わないというところすらあります。
そうしたエリアでは、近い将来に渡って住宅用不動産の価格が上がるのは明らかで、絶好の投資機会があると考えられます。

海外の不動産に投資をすることで、国内にだけ投資をしているよりも多くのリターンを期待することができます。
いわゆる先進国からの投資資金は新興国に流れています。
つまり、多くの人が今後は新興国の資産価格が上がると考えているということであり、歴史的な投資のチャンスだということです。

不動産投資

不動産投資は資産形成を考える上で外すことのできない投資手法です。
資産形成、という視点から見た場合、投資の手段としての株式や債券は不動産よりも不安定で、また将来的な価値の変動が大きいことが予想されるので、自ずと長期的に安定した運用先を求める資金は不動産に集まります。

関連エントリー

不動産投資の物件探し 不動産の投資信託に投資をする 不動産投資顧問業の仕事 不動産投資の会社とは 不動産投資ローンを利用する 不動産の投資ファンドが話題 不動産投資のセミナーに参加する 不動産投資で注目の利回り 海外の不動産に投資をする方法