Top >  不動産投資 >  不動産の投資ファンドが話題

不動産の投資ファンドが話題

不動産の投資ファンドが話題になっています。
不動産の投資ファンドは、集まったお金を不動産に投資し、リターンを得るという仕組みですが、投資ファンドの優劣は、投資対象の選定によって差が出ます。
優秀なファンドマネジャーは、他のファンドより一歩先に、人気の出る物件を探し出します。

不動産に投資するファンドの存在感が高まっている背景には、日本の不動産に投資資金が回帰してきているという理由があります。
不良債権と呼ばれた不動産の処理が終わり、都市の開発などのニーズが高まってきたことで、不動産への投資が再び盛んになってきているようです。

不動産投資ファンドは、ただ単に物件を購入するだけではなく、都市開発などに積極的に関わることがあります。
ただ単にデベロッパーに資金を投入するだけではなく、マーケティングプロセスに積極的に関わることで、早く大きくリターンを得られるように働きかけることがあります。

不動産の投資ファンドに投資をする方法として一般的なのは、やはりREITの購入ではないでしょうか。
多くの不動産投資ファンドは私募の形式をとっているので、ヘッジファンドのように一部の人にしか投資機会が与えられません。
そのため、個人が不動産投資ファンドに投資をするためには、REITの購入が最短です。

不動産投資

不動産投資は資産形成を考える上で外すことのできない投資手法です。
資産形成、という視点から見た場合、投資の手段としての株式や債券は不動産よりも不安定で、また将来的な価値の変動が大きいことが予想されるので、自ずと長期的に安定した運用先を求める資金は不動産に集まります。

関連エントリー

不動産投資の物件探し 不動産の投資信託に投資をする 不動産投資顧問業の仕事 不動産投資の会社とは 不動産投資ローンを利用する 不動産の投資ファンドが話題 不動産投資のセミナーに参加する 不動産投資で注目の利回り 海外の不動産に投資をする方法