Top >  不動産投資 >  不動産投資の会社とは

不動産投資の会社とは

不動産投資の会社というとどのようなものを思い浮かべられるでしょうか。
実際に不動産投資会社を日々意識していなくても、多くの人の生活にかかわるところで、不動産投資会社は活動しています。
都市開発はその最たるもので、多くの有名なエリアが不動産投資会社によって開発されています。

不動産に投資する会社のビジネスモデルは、至ってシンプルです。
購入した不動産が価値を生み出すように工夫して、価値を上げるというものです。
そのために追加投資をしたり、有力なテナントを誘致したりといったところでファンドマネージャーの腕が問われることになります。

不動産投資に関わる会社というと、マンションの運用業者というのもあります。
たとえば、有名な賃貸住宅を提供している会社では、日々投資対象になるようなアパートやマンションを探しています。
マンション業者は自分で建物を建てるだけではなく、投資会社という側面も持っています。

不動産に投資をしている会社は、実は身近な都市開発や商業施設に関わっていることが多いです。
商業施設などの場合には、計画から、話題作り、テナントの誘致、マーケティングまで行うこともあるようです。
街はこうした陰で活躍している人たちによってできているのかもしれませんね。

不動産投資

不動産投資は資産形成を考える上で外すことのできない投資手法です。
資産形成、という視点から見た場合、投資の手段としての株式や債券は不動産よりも不安定で、また将来的な価値の変動が大きいことが予想されるので、自ずと長期的に安定した運用先を求める資金は不動産に集まります。

関連エントリー

不動産投資の物件探し 不動産の投資信託に投資をする 不動産投資顧問業の仕事 不動産投資の会社とは 不動産投資ローンを利用する 不動産の投資ファンドが話題 不動産投資のセミナーに参加する 不動産投資で注目の利回り 海外の不動産に投資をする方法