Top >  不動産投資 >  不動産投資顧問業の仕事

不動産投資顧問業の仕事

不動産投資顧問業というのは、国土交通省に登録した業者だけができる、不動産投資のアドバイスや、取引の代行をする仕事です。
登録していない業者は、不動産投資のアドバイスや、取引の代行はしてはいけないことになっているので、業者と取引をするときにはこの登録について確認するようにしましょう。

不動産投資顧問業というのは、不動産の運用をする人だとも言えます。
アドバイザリーだけではなく、委託を受けて不動産の運用もします。
不動産運用のノウハウがあるので、素人がやるよりも効率的に不動産を運用できるため、不動産投資顧問に運用を頼む人も多いようです。

不動産投資顧問業の仕事は、不動産投資のアドバイスだけではなく、不動産投資ファンドの運用などもしています。
不動産投資はスケールメリットのある分野なので、ファンドのように大きな資金を持って運用した方が効率が良いため、既にノウハウや資金のある不動産投資顧問が参入するというケースが多いようです。

不動産投資顧問業は、不動産投資のプロフェッショナルです。
会社の不動産や、個人でも複数の不動産を所有している場合、何がしかの問題を抱えることがあります。
そうした時には、ぜひ不動産投資顧問に相談してみてください。
プロの見地から、適切なアドバイスやサポートを受けることができます。

不動産投資

不動産投資は資産形成を考える上で外すことのできない投資手法です。
資産形成、という視点から見た場合、投資の手段としての株式や債券は不動産よりも不安定で、また将来的な価値の変動が大きいことが予想されるので、自ずと長期的に安定した運用先を求める資金は不動産に集まります。

関連エントリー

不動産投資の物件探し 不動産の投資信託に投資をする 不動産投資顧問業の仕事 不動産投資の会社とは 不動産投資ローンを利用する 不動産の投資ファンドが話題 不動産投資のセミナーに参加する 不動産投資で注目の利回り 海外の不動産に投資をする方法