Top >  不動産投資 >  不動産の投資信託に投資をする

不動産の投資信託に投資をする

不動産の投資信託に投資をする人が増えています。
株式や債券の投資信託へ投資したという話はしばしば耳にしますが、不動産の信託というとまだそれほどメジャーではないというとろではないでしょうか。
REITという略称を見かけたことがあるかもしれませんが、これが不動産の投資信託です。

不動産の投資信託には、世界中の不動産に分散して投資できるものがあります。
家賃収入などは、世界各国のインフレの度合いによって異なります。
それゆえ、日本では家賃が上がっていなくても、他の国で家賃が上昇している国があれば、そこからの家賃収入は増えることになります。
こうした分散効果が得られるのも信託のメリットの一つです。

不動産の投資信託では、毎月、あるいは隔月で家賃収入を分配金として配当するものがあります。
これは不動産の投資信託のメリットの一つで、家賃収入のように毎月定期的にキャッシュフローが出るためにできる特性です。
安定した副収入を得るという点から見ると、株式などの投資信託よりも魅力的です。

不動産の投資信託を購入する際には、購入の方法も合わせて検討することで、効率的な資産形成ができます。
まとめて買うという方法だけではなく、毎月積立る形での購入方法もあるので、基準価額の変化に合わせて購入量を変化させることができます。
こうした買い方の工夫によって、平均取得単価を下げることもできます。

不動産投資

不動産投資は資産形成を考える上で外すことのできない投資手法です。
資産形成、という視点から見た場合、投資の手段としての株式や債券は不動産よりも不安定で、また将来的な価値の変動が大きいことが予想されるので、自ずと長期的に安定した運用先を求める資金は不動産に集まります。

関連エントリー

不動産投資の物件探し 不動産の投資信託に投資をする 不動産投資顧問業の仕事 不動産投資の会社とは 不動産投資ローンを利用する 不動産の投資ファンドが話題 不動産投資のセミナーに参加する 不動産投資で注目の利回り 海外の不動産に投資をする方法